MISS HAPPYブログ~毎日のきりはり手帖~

大好きな旅とアクセサリーのおはなし

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ソウル旅行 2010年2月 臨津閣(イムジンガ)」




ソウル 011


韓国の最北端「臨津閣(イムジンガ)」に行ってきました。
日本人観光客だと「板門店」に行く人が多いと思いますが、韓国人籍の人は入れない区域。今回韓国人の友達に連れてきてもらったため、イムジンガに連れてきてもらいました。

イムジンガは北朝鮮の失郷者のために統一を祈るために建てられた建物で、外国人はもっと北の板門店まで入れますが、韓国籍の人はここまでしか入れません。分断後止まったままの列車や北朝鮮の国境を越えられないよう柵がしてあり、千羽鶴やお供え物が飾られている光景をみると、朝鮮半島が休戦状態にあるという現実を目の当たりにできます。韓国には今も家族と離れ離れになったまま生きている人がいるし、映画のように若い北朝鮮人が今も苦しんでいたり、過去の歴史が今も続いているんだと感じさせられました。
ただ、今は若い人たちにももっと気軽に来てもらうために遊園地があったり公園を作ったりしてアミューズメントの場としても使われているそうです。

こちらモニュメント。北朝鮮を見つめる人間のような形をした彫刻。なんだか哀しげ。



ソウル 020


2月は韓国の旧正月にあたるので、凧揚げをしている家族が目立ちました。売ってるものがまたカラフル~


ソウル 013


あまりクリアにみえないけど、写真の奥にみえるのが北朝鮮につながる電車の鉄橋。この境界線を境にある日突然、家族と離ればなれになったという悲劇があります。ここの柵には折鶴などがかけられていました。


写真1


飲食店なんかもたくさんあって、倉庫を改造したようなカフェ「カフェアンニョン」で休憩。
お家みたいな空間でとても居心地がよかったです。気軽に来れるような場所ではないのが残念


臨津閣(イムジンガ)

関連記事
スポンサーサイト

| ソウル 2010年2月 | 20:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT