MISS HAPPYブログ~毎日のきりはり手帖~

大好きな旅とアクセサリーのおはなし

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おかげ横丁「すし久」でランチ

外宮から内宮へは市バスで移動。
おかげ横丁でお昼を食べる予定なので、内宮のひとつ手前で下車。
神宮会館前だったかな。

おかげ横丁は、江戸から明治時期の建築物を再現していて、レトロな雰囲気があります。
かなりの人混みでした。
赤福本店は長蛇の列。



P1050664.jpg


宝永4年創業と書いてあります。
宝永っていつ?調べたら1707年でした


P1050657.jpg



まずはお昼を食べると決めていた「すし久」へ直行。
会社の伊勢出身の先輩に教えてもらったお店ですが、雑誌にもよく出ている人気店です。


P1050638.jpg



P1050641.jpg


P1050645.jpg



この建物は、明治2年の遷宮時に出た宇治橋の古材で建てられているそうで、
伊勢の文化資産にもなっているそうです。
毎月朔日早朝5時前からは、旬の素材を使った朝粥が食べられるようです。


P1050639.jpg


「てこね寿し」や「麦とろろ」以外にもメニューがあります。海老フライとか食べる人なんているのかな?思ったらいました



P1050646.jpg



15分も待たなかったかな。
1階と2階があるようで、1階へ通されました。
大広間で相席で食べるようです。
回転がはやいのも納得。

お店のルールなのか、隣通しで座るように案内されるので、知らない人と向かいあいながら食べなければいけないのがちょっと辛い・・どうして向かい合わせだと駄目なんでしょう。
なのでけっこうみんな黙々と食べていました。


頼んだのはもちろん、手ごね寿し。


P1050643.jpg


鰹がとても肉厚で美味しかった
窓の外には清流五十鈴川が見渡せて景色もばつぐん。

前にNHKのテレビではるな愛さんが川沿いのお店でお粥を食べているのをみたことがありますが、
ここのお店だったかも!

関連記事
スポンサーサイト

| 三重 | 18:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT