MISS HAPPYブログ~毎日のきりはり手帖~

大好きな旅とアクセサリーのおはなし

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ソウル旅行8>bibigo光化門店テイクアウト

P1040603.jpg

この時点で21時前。
教保文庫近くにあるbibigo
八木早希さんの「暮らすように旅するソウル」で紹介されていました。
KONESTでも紹介されています。

big_76379.jpg

オフィスビル1階に入っていて、仕事終わりのビジネスマンとすれ違いました。
外観は暗くて撮れなかったのでKONESTのをお借りしました。

イートインでもカウンター注文で前払いだそうです。
私はテイクアウトにしましたが、店内でも食べれそうな雰囲気でした。時間帯が遅かったからかもしれませんがちらほら人がいたくらい。
2階席はレストランになっていて、ビビンバ以外のメニューも注文できるようです。

big_76381.jpg
※KONESTの画像


このお店の特徴は約300種類もの組み合わせを楽しめる「カスタム ビビンバ」が特徴です。


まずはビビンバの種類を選びます。
選択:ピビゴライス、ビビンバ、石焼(トルソッ)ビビンバ

次はご飯の種類。
選択:白米(ペンミ)、黒米(フンミ)、発芽玄米(パラヒョンミ)、麦(チャルポリ)

それからトッピング。
選択:炭焼き牛肉(スップルコギ)、炭焼き豚肉(チャコルポク)、味付けプルコギ(チェユップルコギ)、鶏の胸肉(タッカスムサル)、照焼チキン(チキンテリヤキ)、豆腐(トゥブ)よくわからなかったのでトッピング付けませんでしたが、お腹空いてたら付けた方良いかも。

そして最後ソースを選びます。
選択:コチュジャン、サムジャン、レモン醤油(カンジャン)、ゴマ(チャムケ)

人気はどれか聞いたら「レモン醤油」と言われたのでそれにしました。
これは美味しかったです


P1040598.jpg

私は玄米にしました。具材はナムルのもやし、ほうれんそうにしいたけなど。
胡麻油もついてるので、お好みでかけます。


P1040599r.jpg

とってもヘルシーでした。
少し変わったビビンバが食べてみたい人にオススメです。
東京の赤坂に店舗があるそうです~

bibigo 光化門店
11:00~22:00(ラストオーダー21:00) 
年中無休


 
ゲストハウスに戻る途中、三清洞に立ち寄ったのですが、
ガイドブックでは22時までやっているはずだったのにどこも21時半の時点でクローズ

最後に買い物で締めようと思っていたのになぜ閉まっていたのか・・
土曜日だったからそんなに人が来ない曜日でもないのになァ。
人がいなかったら気分で閉めてしまうのでしょうか。

なので途中で見つけたコンビニでお土産用に飲み物などを少し買っただけで
三清洞は終わってしまいました

P1040642.jpg

とりあえずマッコリ。
ここのブランドは初めて飲みました。
スッキリしていて飲みやすかったです。

P1040639.jpg

定番のI'm real。濃厚で美味しいです
いちご味とトマト味
関連記事
スポンサーサイト

| ソウル 2013年1月 | 23:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT