MISS HAPPYブログ~毎日のきりはり手帖~

大好きな旅とアクセサリーのおはなし

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

台湾の旅3日目 台南駅のコインロッカー




台南駅はとても小さくて、レトロ感たっぷり。
新幹線の駅は近代的なのに、その差に驚きます。





やしの木があるのが南国の雰囲気を感じます。
この通りをまっすぐ行くと、百貨店などがあります。





1泊分の荷物を持っているので、コインロッカーがあれば預けようと思っていたのですが、
駅構内にありました。うまく使えるか心配でしたが、無事に利用出来ました!





見た目は古いのに、日本と同じ番号を入力して自動でロックされるタイプでした!
番号が書かれた紙が出てくるので、取り忘れ&紛失に注意です。
スーツケースが入る大きさはなかったように思います。
1泊分くらいのバッグ2人分がかろうじて入る、くらいですね。

ロッカーの使い方について詳しく紹介されているブログがあったので、
気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

http://taiwanwind.jp/convenience-information-coinlocker-howto/

身軽になったので、観光も楽チンでした!

関連記事
スポンサーサイト

| 台湾 2017年5月 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台湾の旅3日目 日月潭→台南へ




ザ・ラルーをチェックアウトし、無料送迎で繁華街まで連れて行ってもらいました。
復路は、バスで台中まで移動。





ここがバス乗り場。
止まっているバンではありません。




チケット売り場。
1人190元→約665円。
時刻表に書いてた時間には来ず、20分程待ちぼうけ。





やっと来ました。
バスの正面に「日月譚→台中」という電光掲示板があるのですぐわかります。





もっとボロボロなイメージでしたが、
日本の空港リムジンバスのような感じで綺麗だしエアコン完備で快適でしたー。
これなら往復バスで全然大丈夫だと思います。





2回目の新幹線。
コーヒー頼んだつもりが紅茶!しかも薄い。。。





台南も新幹線の停車駅から、市街地へはローカル線に乗って移動が必要です。
1人25元→約90円
地方のローカル線、味があって良いですね~





20分程で到着~
漢字が「台南」ではなかった!
関連記事

| 台湾 2017年5月 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台湾の旅3日目 ザ・ラルーの朝ごはん




楽しみにしていた朝食のブッフェは中華料理系も色々揃っていましたが、
海外だと洋食を選んでしまう私です。なのでどこの国にいってもだいたい同じ写真。。
クロワッサンに、中にチョコレートが入ったもの、ウインナー、サーモン、ポテト、等。
フレッシュジュースがすごく美味しかったです!





朝食は店内と外のテラス席もあります。
ちょっと暑そうだったので、中で頂きました。









食べ終わった後、お茶だけしにテラス席へ。
景色が一望というわけではありませんが、ゆったりした時間を過ごせました。


関連記事

| 台湾 2017年5月 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台湾の旅2日目 日月潭で晩御飯




ホテルには16時頃到着し、プールで少し泳いでからホテル内をウロウロ。






とても開放的なギフトショップ。






ホテル内で食事する人も多いみたいですが、中華はもう予約で一杯と言われて、繁華街まで食べに行きました。適当に入ったお店だっけど美味しかった~。この焼飯最高です。





ラーメン。





麻婆豆腐が食べたかったのですが、店員さんに勧められた豆腐料理を頂きましたが、これも美味しかったです。


ビールも飲んでこれで1000円!
お腹いっぱいです。





あまり見るものもなく、すぐにホテルに戻りお部屋でゆっくり。





お部屋に置いてたクッキーぐブログでも評判で美味しかったので思い出に買ってみました~
関連記事

| 台湾 2017年5月 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台湾の旅2日目 ザ・ラルー涵碧樓(日月潭)にステイ




今回の旅で1番楽しみにしていたのが、日月譚の滞在。
リゾートホテルで大人気のラルーに宿泊することでした。
期待通りのんびり過ごすことが出来る大人のリゾートでした♪
GWなので取れないかなーと思っていましたがBooking.comで予約出来ました。
1部屋5万程でした。
ヴィラ滞在のほうにしましたが、プールが付いてるタイプはもっと高いと思います。





エントランスはこちら。





繁華街に出るには無料の送迎があります。
戻る時は電話をすればすぐに来てくれます。
タイムテーブルがあるわけではなく、いつでも送迎してくれるのですが逆に悪いなーと思ってしまいました。





広々としたフロント。
名前を伝えると、奥のロビーに案内されます。




ウェルカムドリンク。
なぜかアーモンド。




今回ヴィラ滞在にしたので、部屋からは湖が眺められないのですが、
フロントからも一望できます。




よくネットで見た光景!とテンションがあがってしまいました。
色んな方のブログを見ても誰もいない感じでしたが、ちらほら利用者はいて泳いだりもしてましたよ。





ホテル内には図書館もあります。
誰もいませんでしたが^^;
普段時間に追われてるような人はここで読書するのは夢のようですね。




お部屋はこんな感じ。
レイクビューの部屋もありましたが、ヴィラタイプにしてみました。
お庭付きです。





バスルームとベッドルームが繋がっているので、広々としてます。
もちろん仕切りはありますが、よっぽど仲の良い関係ではないと、オープンすぎる空間ですね^^;





バスルーム。
胡蝶蘭の1本差しがなんともお洒落。






お庭。
左側にお昼寝出来るスペースがあります。





プールサイド奥に階段があり、そこから湖畔の遊歩道に繋がっています。
雑誌で見た桟橋発見!
蒋介石が舟遊びでよく利用していた桟橋だそうです。




関連記事

| 台湾 2017年5月 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT