MISS HAPPYブログ~毎日のきりはり手帖~

大好きな旅とアクセサリーのおはなし

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

韓国の伝統茶

1年9ヶ月ぶり、4回目のソウルに行ってきました。
極寒の韓国は初だったので、防寒対策をしっかりしてきたのもあって無事に楽しく過ごせました。
今回もサウナや化粧品のショッピングはもちろん、映画を観たり遠出に出かけたりと4回目ならではのゆったりとした過ごし方も楽しめました。
2月13日~15日は旧正月ということもあり、閉まっているお店も多いですが至る所でお祝いイベントがあり、いつもと違う韓国をみることができました。旧正月の方が盛大にお祝いをするそうです。


インサドン~三清洞~北村エリアが韓国らしく好きで、今回も滞在中にインサドンに行ってきました。
旧正月の影響で人がいっぱいでしたが、神戸の中華街もこの時期こんな感じで混んでますね。
友達がお勧めするお茶屋さんで休憩。お店の奥に行くと中庭があって離れの部屋にはオンドル部屋があります。こういう時、現地の言葉分かる人がいると助かるぅ。 「オンドルバン(部屋)ケンチャナ?」て言ったような気がするけど、案外簡単な言い方で通じるだなぁ。。



ソウル 003
中庭からみたオンドル部屋



ソウル 002
オンドル部屋。床があったか~い。壁は何故か落書きだらけ。


ソウル 001
五味茶を頂きました。赤色で見た目も可愛いいし、甘くて美味しいです。 伝統菓子も食べたら?と友達に勧められ食べてみました。月餅をもっと薄くしたような饅頭みたいなものと焼き餅。トッポギみたいにモチっとしているけど、外はコゲが付く程度にカリっと焼いています。蜂蜜つけて食べるみたいです。満腹感がすごい割には無味なので、そんなに美味しいとは思わないけど、食感は面白いかな。まぁ、お祝いのときに食べるお菓子だな、という感想。

≫ Read More

スポンサーサイト

| ソウル 2010年2月 | 21:44 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソウル旅行2010年 韓国のカフェ

今回ソウルで行ったカフェを紹介。

Slow Garden スローガーデン ~三清洞~
友達に連れていってもらいました。帰国してからいろんな雑誌で紹介されていたので嬉しかった~
三清洞を登った高台にあります。ワッフルが人気のお店だそうで、店内はウッディー調でペンション風な開放的な空間で、でもシャンデリアがあったりアンティークなインテリアを使っていたりとレトロ感もあるお店でした。

私が行った時はたぶん旧正月の時期だったからか、あまり日本人は見当たらず、地元の人たちが多かったです。
ゆったりした時間が流れていました。

メニューはワッフルだと6500~12000w。
ワッフル以外だとサンドイッチやパスタもありました。
注文したワッフルの写真をもっと撮っておけばよかったと後悔。。


sg1.jpg




sg2.jpg



コーヒープリンス1号店 ~弘大~

ドラマの舞台に使われたカフェがそのまま実在しているというので、新村に行った時についでに探してきました。タクシーの運転手に地図を見せたのに、降ろしてもらった場所にあるカフェはどうみても違うので、通りを歩いていた女の子に聞いたらすぐに分かってくれて歩いて連れていってくれました。

帰りも迷いまくって、結局どのあたりにあったのかいまだに不明
最寄駅は弘大になると思います。弘大もいろいろありそうなので、ついでに散策したかったのですが。
(そういえば、今みている「メリは外泊中」で弘大はよく出てきますね。ミュージシャンやアーティストの集まる街なのかな。

店内は撮影当時そのままになっていて、入るなりテンションMAXただこの日は1人で自由行動だったので心の中で「おーー!!」とはしゃいでしまいました。中国やラテン系のツアー客もいて、世界中で有名なカフェなんだなと感心


cp2.jpg


カフェアンニョン ~イムジンガ~

韓国最北端「イムジンガ」にあるカフェ。
倉庫のような造りになっていて、中は図書館のようなリビングのような内装になっています。
すごい居心地が良かったです。2月なのにまだクリスマスツリーが飾っているところが韓国らしい(笑)。日本ではすぐに片付けられちゃうからね。。

カフェ自体は、ごく普通の味だけど、韓国最北端はほんとに寒いのでほっこりできる憩いの場でした。


アンニョン



クリスピークリームドーナツ明洞店
関西にはまだ無いので、ソウルに来ると1回は立ち寄ってしまいます。
日本人で箱買いする人も目立ちました。
こちらではガラ空きですけどね~


ソウル 004


ソウル 006



滞在中は現地の友達と連絡を取るために空港で必ず携帯をレンタルします。店員さんは日本語で話せるので心配なし!あと、セロテープで貼られたお札。透明ではなく文字入りのセロテープなところが韓国っぽい





| ソウル 2010年2月 | 21:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソウル旅行2010年2月 韓国映画「義兄弟」




ソウル 005


滞在中に韓国の新作映画「義兄弟」を観ました。
韓国の映画館でみると、日常生活を過ごしているような気分になれるので楽しみのひとつ。時間に余裕があるときしかいけませんが。

映画館の前にあるポスターをみてどれにしようか決めることにし、ソン・ガンホとカン・ドンファンの大物俳優がでているので面白そうだなぁと思って内容も分からず選んだのですが、選んで大正解

北朝鮮のスパイものだったので、韓国語が分からなくてもストーリーが理解しやすく、
俳優の演技が上手ですごく面白かったです。
北朝鮮ということで、シリアスかと思いきや、笑いもあり情ありの、見終わった後に幸せな気持ちになる映画でした。カン・ドンファンという俳優さんは、草食系のイメージが強い俳優さんでしたが、そのイメージがいい意味でかなり壊れて私はこの映画をみてカン・ドンファンが好きになりました。

韓国の人はけっこう映画館で爆笑したり、やじをとばしたりと欧米並みなので面白いです。
今回は1番後ろの席で観ました。
日本でDVDが出たらまたじっくり字幕を読んで内容を確認したいです

| ソウル 2010年2月 | 21:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソウル旅行 2010年2月 臨津閣(イムジンガ)」




ソウル 011


韓国の最北端「臨津閣(イムジンガ)」に行ってきました。
日本人観光客だと「板門店」に行く人が多いと思いますが、韓国人籍の人は入れない区域。今回韓国人の友達に連れてきてもらったため、イムジンガに連れてきてもらいました。

イムジンガは北朝鮮の失郷者のために統一を祈るために建てられた建物で、外国人はもっと北の板門店まで入れますが、韓国籍の人はここまでしか入れません。分断後止まったままの列車や北朝鮮の国境を越えられないよう柵がしてあり、千羽鶴やお供え物が飾られている光景をみると、朝鮮半島が休戦状態にあるという現実を目の当たりにできます。韓国には今も家族と離れ離れになったまま生きている人がいるし、映画のように若い北朝鮮人が今も苦しんでいたり、過去の歴史が今も続いているんだと感じさせられました。
ただ、今は若い人たちにももっと気軽に来てもらうために遊園地があったり公園を作ったりしてアミューズメントの場としても使われているそうです。

こちらモニュメント。北朝鮮を見つめる人間のような形をした彫刻。なんだか哀しげ。



ソウル 020


2月は韓国の旧正月にあたるので、凧揚げをしている家族が目立ちました。売ってるものがまたカラフル~


ソウル 013


あまりクリアにみえないけど、写真の奥にみえるのが北朝鮮につながる電車の鉄橋。この境界線を境にある日突然、家族と離ればなれになったという悲劇があります。ここの柵には折鶴などがかけられていました。


写真1


飲食店なんかもたくさんあって、倉庫を改造したようなカフェ「カフェアンニョン」で休憩。
お家みたいな空間でとても居心地がよかったです。気軽に来れるような場所ではないのが残念


臨津閣(イムジンガ)

| ソウル 2010年2月 | 20:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソウルへ!

来週13日から4回目となるソウルへ行ってきます
前回から1年7か月ぶり。冬の韓国は初めてだから、防寒対策考えないとー。
今から、買うものリストしてます。
楽しみだぁ。

前回のソウル旅行(2008年5月)はこちら

ソウル

| ソウル 2010年2月 | 23:23 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |